願いや感謝の想いを形に。『絵馬』の奉納の仕方や疑問について

公開日:

更新日:

投稿者:ものしり博士

絵馬を奉納したことはありますか?

神様に日々の感謝をお伝えしたり、お願いごとをするために訪れる神社。

その際に『絵馬』を書いて奉納をしたことはありますか。

近年では、おみくじには馴染みがあっても、絵馬は書いた経験がないという方も増えているそうです。


古来より人々の願いや感謝の想いとともに奉納されてきた絵馬は、大切にしたい素敵な日本文化のひとつです。


本記事では、神社に参拝する際にぜひ知っておきたい『絵馬』に関する事柄についてまとめました。

絵馬とその歴史とは

絵馬とは、表側に様々な絵が描かれた木の板のことを指し、神様に祈願する際や願いごとを叶えていただいたお礼に神社へ奉納するものです。


この絵馬の歴史ですが、古代より神々は馬に乗って現れると考えられており、崇神天皇の代には神様に実物の馬を献上していました。


しかし皆が皆、馬を献上できるはずもなく、いつしか献上できない人々は土や紙などで馬を象って代用するようになり、その中で奈良時代に木の板に馬の絵を描いたものが誕生しました。


これが絵馬のはじまりです。


元々は神社に奉納されていた絵馬ですが、平安時代には神仏習合思想により寺院にも奉納されるようになりました。

室町時代になると大絵馬が作られたり、絵馬に描かれる絵も馬以外に狐や菩薩、武者絵等バリエーションが広がってゆきます。


その後の安土桃山時代では、絵馬は有名な絵師による作品として、絵馬堂に飾られ鑑賞するものとなりました。


現代のように、個人が願いごとをするために絵馬を奉納するようになったのは江戸時代の頃からで、この頃からデザインもさらに多様化してゆきます。


そして現代、形に工夫を凝らした絵馬や、個人情報部分にシールを貼って隠せるようにした絵馬等、絵馬は時代とともに進化を遂げつつ、名前と基本の性質はそのままに親しまれ続けています。

絵馬の書き方と奉納までの流れ

結論から言ってしまうと、絵馬を書く上で書き方の決まりは特にありません。

絵が描かれていない側(裏側)にお願いごとを書けるようになっていますので、そちらに書きます。


筆記具は、授与所で絵馬をいただいた際に油性ペンを貸していただけるところが大半ですが、心配な方は持参するのも良いでしょう。


奉納までの流れとしては、まず、ご参拝を済ませた後に授与所にて絵馬をいただきます。

神社にもよりますが、初穂料は大体1,000円前後のところが多いです。


絵馬をいただいたら、お願いごとや感謝の気持ちを思いを込めて書いてゆきます。


前述の通り書き方は自由ですが、「~できますように。」といった祈願文の他、自分への宣言の意味合いを含め、あえて「~できました。」と完了形のようにする書き方もあります。


お願いごとを書き終わったら最後に住所と氏名、日付を書きますが、このご時世、個人情報を書くことに抵抗のある方もいらっしゃることでしょう。


その場合は、住所は都道府県のみ、氏名はイニシャルで記載するというのもひとつの方法です。

神社によっては、個人情報部分を隠せるシールをいただける場合もあります。


そうして絵馬を無事に書き終わりましたら、境内にある絵馬を掛ける場所を探し、そちらに絵馬のお願いごとを書いた側(裏側)を前にして掛けましょう。


好きな場所に掛けて良いのですが、たくさんの絵馬が掛かっていますので、他の絵馬を落としてしまわないようご注意下さい。

絵馬の効果はどのくらい?

絵馬の効果は、基本的には書いたお願いごとが叶うまで続きます。

ですが、年末にその年の絵馬をすべて集めてお炊き上げを行っている神社もあり、中にはお願いごとが叶っていないままにお炊き上げされてしまう絵馬もあるかも知れません。


そのため、絵馬の効果はお守りやお神札と同じく1年間ほどと考え、新年に新しいものをお受けして奉納することをおすすめします。


願いが叶ったらどうする?

お願いごとを叶えていただいた際には、ぜひお礼参りをして神様に感謝の気持ちをお伝えしましょう。


お礼参りの期日については厳密にいつまでという決まりはありませんが、その年のお礼はその年のうちに行うのが良いとされています。


また、お礼参りの仕方についても同様に決まりはなく、感謝の気持ちをお伝えするのみでも良いのですが、感謝を形に表したい際には再び絵馬を授かり、お礼の言葉を書いて奉納をするという方法もあります。


例えば、受験の神様として有名な太宰府天満宮では、無事合格をしてお礼参りに訪れた方に「合格御礼の絵馬」が授与されていたりと、神社によってはお礼参り用の絵馬を授与しているところもあります。

 


絵馬を持ち帰ることはできる?

綺麗な絵が描かれている絵馬や、可愛らしい形をした絵馬、また、思いを込めて書いたために愛着が湧いてしまった場合など、絵馬を自宅に持って帰りたいと思うこともあるでしょう。


しかし、お守りやお神札は持ち帰ることができますが、絵馬はその「奉納」するという性質上、持ち帰っては効果がなくなってしまうのです。


上述の通り、絵馬の歴史は実物の馬の献上から始まっており、神様に奉納をすることでお願い事を叶えていただくという意味があります。

そのため、絵馬は境内の定められた場所に掛けてゆきましょう。


ただし、授かったものの筆記具がなかったり、自宅でゆっくり考えてお願いごとを書きたい場合には、一度自宅に持ち帰ることも可能です。

その場合には、神棚など高いところに置いて保管するようにし、書き終わったら参拝、奉納をしに行きましょう。


奉納をするための絵馬が一般的ではありますが、中には水天宮の「福絵馬」や七五三の際にいただく絵馬など、自宅に持ち帰ってお部屋に飾る用途の絵馬もあります。


水天宮の場合には、めでたく子宝に恵まれた際やお願いごとが叶った際に、七五三の絵馬の場合には、お守りやお神札と同じく1年ほど経った後に感謝の気持ちとともに返納し、お炊き上げをしていただくと良いでしょう。

絵馬を代筆してもらっても良い?

お守りを家族や友人、恋人からプレゼントされたことのある方もいらっしゃると思います。

この場合は、お守りを渡してくれた相手が自分のために神様にお願いをしてくれたということになり、もちろんお守りの効果もあるとされています。


では、絵馬の場合はどうなのでしょう。

代筆の場合にも効果はあるのでしょうか。


結論として、絵馬を代筆してもらった場合でも効果はあるとされています。


基本的には、絵馬は自分で書くものではありますが、病気や怪我、距離の問題など様々な事情で自ら神社に参拝し絵馬を書くことができない場合には、信頼の置ける方に代筆してもらって差し支えありません。


絵馬の書き方に細かな決まりがないように、必ずしも自身で書かなければいけないものではありませんのでご安心下さい。

全国の可愛い絵馬や面白絵馬

オーソドックスな五角形の形ばかりが絵馬ではありません。

全国には、様々に趣向を凝らした絵馬がたくさんあります。

こちらでは、そんな一風変わった絵馬の一部をご紹介いたします。

 櫻木神社(千葉県野田市桜台210

千葉県野田市にある櫻木神社のさくら絵馬」は、その名の通りピンク色の桜の形をしています。


櫻木神社は桜の大木のもとに倉稲魂命(うかのみたまのみこと)を祀ったのがはじまりとされている、野田市最古のお社です。


「さくら絵馬」の他にも、満開の桜が描かれた「爛漫絵馬」や、サクラサクということで「合格絵馬」といった桜にちなんだ絵馬をはじめ、心の虫を退治する「虫退治絵馬」、安心できる「だいじょうぶ絵馬」など面白い絵馬がたくさんあります。


絵馬の人気もさることながら、桜のデザインの御朱印帳が可愛いと若い女性の間で人気です。

姫亀神社(愛知県犬山市犬山北古券41-1

犬山城の城山の麓にある三光稲荷神社の摂社である姫亀神社は、ハート型の絵馬があることで知られています。


御神徳は、良縁結、家内安全、夫婦和合ということで、絵馬の表側には「縁」の字が赤く書かれており、絵は描かれていません。


ハート型の絵馬がずらりと掛けられたピンク一色の風景はSNSでも話題となり、女性やカップルをはじめ日々多くの人々が参拝に訪れています。

御津八幡宮(大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目10−7

繁華街の中にある御津八幡宮ですが、こちらでは自由に顔を描くことのできる「ペット形絵馬が人気です。

絵馬が犬の形になっていますが顔は描かれていませんので、愛犬など大切なペットの顔に似せて描くことができます。


ペットの健康や長寿を願い、奉納する方が多いようです。

その他、花が描かれたハート型の「縁結び絵馬」も可愛いと評判です。


河合神社(京都府京都市左京区下鴨泉川町59


下鴨神社の摂社である河合神社には、美麗の神とされる玉依姫命(たまよりひめ)が祀られています。


そんな河合神社の絵馬は手鏡の形をした「鏡絵馬です。


「鏡絵馬」の表側には顔が描かれており、こちらの顔に普段使用している化粧品を使ってお化粧を施し、裏側にお願いごとを書きます。


絵馬を綺麗にお化粧して願いを託すことにより、外見だけでなく内面も美しくしていただくという意味合いが込められているそうで、訪れる女性たちが美麗を祈願し奉納しています。


 


圓満寺(愛媛県松山市道後湯月町4-49)

道後温泉駅近くにある圓満寺には「えまたま」という名前の絵馬があります。


「えまたま」は湯玉の形をしている絵馬に、あらかじめ松山市の市花である椿をテーマに俳句の一部が書かれており、これに繋げる形で俳句を詠む形式の俳句絵馬です。


多くの俳人を魅了してきた松山市ならではの絵馬ですね。


とはいえ、続けて俳句を詠むのは難しいという方向けに、何も書かれておらず自由にお願いごとを書いたり、好きな俳句を詠むことのできる「えまたま」も授与されていますので安心です。

痛絵馬とは

痛絵馬」とは、アニメやゲーム等の作品の舞台やモデルとなった神社にファンが訪れ「聖地巡礼」として、絵馬にキャラクターの絵や台詞を書き記して奉納すること、およびその絵馬のことを言います。


埼玉県の鷲宮神社をはじめ、ファンの参拝を快く受け入れ、ファン向けの商品を導入したりと若い人々の関心を引き付ける好機と捉えている神社もありますが、多くの神社は禁止などはせず静かに見守る意向を取っています。


一方で、一般の参拝客には「痛絵馬」は賛否両論であり、お願いごとや感謝の気持ちをお伝えし奉納をするという絵馬の本来の性質からかけ離れているという点では、批判の声もあるようです。

想いを込めて絵馬を書く

古来から現代に至るまで、時代に合わせて様々に進化を遂げ続けている絵馬。

しかし、その本質は古来より変わらずに、人々の願いや想いを込めて現代にまで引き継がれています。

そんな絵馬は、日本の美しい伝統文化のひとつと言っても過言ではないでしょう。


ご参拝の際には、ぜひ大切な方々とともに絵馬を書いて、お願いごとや感謝の気持ちを形にしてみてはいかがでしょうか。