須佐之男命(素盞鳴命、速須佐之男命、須佐之男命、進雄)すさのおのみこと

須佐之男命(素盞鳴命、速須佐之男命、須佐之男命、進雄)の詳細

『古事記』の記述によれば、神産みにおいて伊邪那岐命が黄泉の国から帰還し、筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原で禊を行った際、天照大御神、月読命に次いで鼻を濯(すす)いだときに産まれたとする。
三貴子の一柱で太陽神・天照大御神と月神・月読尊の弟神にあたる、海原を司る天津神。
英雄神、更には破壊神としての神性をも併せ持ち、数々の武勲が日本神話で語られている。中でも八俣遠呂智を倒した逸話は、あまりにも有名。

須佐之男命(素盞鳴命、速須佐之男命、須佐之男命、進雄)と関連する神社