大綿津見神(少童命、大海神、豊玉彦)おおわたつみのかみ(わたつみのみこと、わたのかみ、とよたまひこ)

大綿津見神(少童命、大海神、豊玉彦)の詳細

日本神話の海の神。日本神話に最初に登場する綿津見神は、オオワタツミ(大綿津見神・大海神)である。
神産みの段で伊邪那岐命(伊弉諾尊・いざなぎ)・伊邪那美命(伊弉冉尊・いざなみ)二神の間に生まれた。
神名から海の主宰神と考えられているが、『記紀』においては伊邪那岐命は後に生まれた三貴子の一柱須佐之男命(素戔嗚尊・すさのお)に海を治めるよう命じている。

大綿津見神(少童命、大海神、豊玉彦)と関連する神社