少名毘古那神(少彦名命)すくなびこなのかみ(すくなひこなみこと)

少名毘古那神(少彦名命)の詳細

日本神話に登場する神。スクナビコナはオオナムチ(大国主神)同様多くの山や丘の造物者であり、命名神である。
その一方で、スクナビコナは悪童的な性格を有するという記述がある(『日本書紀』八段一書六)。
スクナビコナはのちに常世国へと渡り去るが、これは草に弾かれて常世へ渡った、川で溺れて神去りしたなど様々な説話が存在する。

少名毘古那神(少彦名命)と関連する神社