建御雷神、武甕槌(建布都神、豊布都神)たけみかつちのかみ(たけふつのかみ、とよふつのかみ)

建御雷神、武甕槌(建布都神、豊布都神)の詳細

神産みにおいて伊邪那岐命が火神火之夜芸速男神の首を切り落とした際、十束剣「天之尾羽張」の根元についた血が岩に飛び散って生まれた三神の一柱。
雷神、かつ剣の神とされる。建御名方神と並んで相撲の元祖ともされる神である。
また鯰絵では、要石に住まう日本に地震を引き起こす大鯰を御するはずの存在として多くの例で描かれている。

建御雷神、武甕槌(建布都神、豊布都神)と関連する神社