久久能智神(句句廼馳)くくのちのかみ

久久能智神(句句廼馳)の詳細

神産みにおいて、イザナギ・イザナミの間に産まれた神。『古事記』においてはその次に山の神大山津見神、野の神鹿屋野比売が産まれている。
『日本書紀』の本文では山・川・海の次に「木の精ククノチ」として産まれており、その次に草の精・野の精の草野姫が産まれている。
第六の一書では「木の神たちを句句廼馳という」と記述され、木の神々の総称となっている。

久久能智神(句句廼馳)と関連する神社