久那斗神、岐の神、来名戸祖神(衝立船戸神、塞の神、道祖神)くなどのかみ(つきたつふなとのかみ、さいのかみ、どうそじん)

久那斗神、岐の神、来名戸祖神(衝立船戸神、塞の神、道祖神)の詳細

道の分岐点で,旅人の道中の安全をはかる神。
『日本書紀』の神話に登場し,伊奘諾尊が黄泉の国で雷神に追いかけられたときに杖を投げ,「これ以上来るな」といったので,その杖をクナドノカミと名づけたとある。
道饗祭の祝詞では,道の分岐点で魔物を防ぐ「八衢ひこ,八衢ひめ,くなど」のことが語られている。
クナドは「来るなという入り口」の意。『古事記』では船戸神と呼ばれるが,これだと「通過するなという入り口」の意となる。サエノカミは「塞の神」。クナド,フナド両神も,外部から邪霊が侵入するのを防ぐ神で,のちに,これらはすべて道祖神として信仰を集めた。

久那斗神、岐の神、来名戸祖神(衝立船戸神、塞の神、道祖神)と関連する神社