徳川家康(東照大権現)とくがわいえやす(とうしょうだいごんげん)

徳川家康(東照大権現)の詳細

徳三河国の大名・松平広忠の長男として生まれ、今川義元の人質として苦渋の日々を過ごす。
豊臣秀吉とともに関東の北条氏を滅ぼすと、本拠を江戸へ移し、その後、「関が原の戦い」を経て江戸に幕府を開く。
大阪の陣で豊臣氏滅亡した翌年の元和2年、74歳。死後は「東照大権現」の神号を賜わり、日光をはじめ各地に祀られている。