豊斟渟尊(豊雲野神)とよくむぬのみこと(とよくもののかみ)

豊斟渟尊(豊雲野神)の詳細

『古事記』において神世七代の第2代の神とされ、『日本書紀』では天地開闢に登場する神世七代の第3代の神とされる。また神世七代の最後の独神である。
「豊かな(=トヨ)雲(=クモ、ノ)」の意であり、雲を神格化した存在。