豊受大神(豊宇気毘売神、大物忌神)とようけおおかみ(おおものいみのかみ)

豊受大神(豊宇気毘売神、大物忌神)の詳細

『古事記』では伊邪那美命から生まれた和久産巣日神の子とし、天孫降臨の後、外宮の度相に鎮座したと記されている。
神名の「ウケ」は食物のことで、食物・穀物を司る女神である。後に、他の食物神の大気都比売神・保食神などと同様に、稲荷神(宇迦之御魂神)と習合し、同一視されるようになった。

伊勢神宮外宮の社伝では、雄略天皇の夢枕に天照大神が現れ、「自分一人では食事が安らかにできないので、丹波国の比治の真奈井にいる御饌の神、等由気太神を近くに呼び寄せなさい」と言われたので、外宮に祀るようになったとされている。即ち、元々は丹波の神ということになる。

豊受大神(豊宇気毘売神、大物忌神)と関連する神社