饒速日命(邇藝速日命、天火明命、櫛玉命、天照国照彦火明命)にぎはやひのみこと(あまのほのあかりのみこと、くしたまのみこと、あまてるくにてるひこほあかりのみこと)

饒速日命(邇藝速日命、天火明命、櫛玉命、天照国照彦火明命)の詳細

『古事記』では、神武天皇の神武東征において大和地方の豪族である那賀須泥毘古が奉じる神として登場する。
那賀須泥毘古の妹の登美夜須毘売を妻とし、との間に宇摩志麻遅命をもうけた。宇摩志麻遅命は、物部連、穂積臣、采女臣の祖としている。神倭伊波礼毘古が東征し、それに抵抗した那賀須泥毘古が敗れた後、神倭伊波礼毘古が天照大御神の子孫であることを知り、神倭伊波礼毘古のもとに下った。

饒速日命(邇藝速日命、天火明命、櫛玉命、天照国照彦火明命)と関連する神社