宗像三女神むなかたのみはしらのひめがみ

宗像三女神の詳細

沖津宮の「田心姫神」、中津宮の「湍津姫神」、辺津宮の「市杵島姫神」である。
宗像三女神は、宗像大社(福岡県)を総本宮として、日本全国各地に祀られている三柱の女神の総称である。
記紀に於いてアマテラスとスサノオの誓約で生まれた女神らで宗像大神、道主貴とも呼ばれ、あらゆる「道」の最高神として航海の安全や交通安全などを祈願する神様として崇敬を集めている。