比売大神(比咩神、姫大神)ひめおおかみ

比売大神(比咩神、姫大神)の詳細

神社の祭神を示すときに、主祭神と並んで比売神、比咩神、姫大神などと書かれる。これは特定の神の名前ではなく、神社の主祭神の妻や娘、あるいは関係の深い女神を指すものである。

八幡社では比売大神を祀る。総本宮である宇佐神宮(大分県)や宇佐から勧請した石清水八幡宮(京都府)などでは、宗像三女神を祭神として祀る。しかし、八幡社の比売大神の正体については諸説があり地域によっても異なる。この比売大神は宇佐神宮南方に位置する御許山に降臨したとされるが、大分県杵築市の奈多宮では、沖合に浮かぶ市杵島(厳島)と呼ばれる岩礁に比売大神が降臨したと伝えられる。
春日大社に祀られる比売神は天児屋命の妻の天美津玉照比売命である。アマテラスを比売神としている神社もある。

比売大神(比咩神、姫大神)と関連する神社