石長比売(磐長姫、上津姫)いわながひめ(かみつひめ)

石長比売(磐長姫、上津姫)の詳細

大山津見神の娘で、木花之佐久夜毘売の姉。
木花之佐久夜毘売とともに天孫邇邇芸命の元に嫁ぐが、石長比売は醜かったことから父の元に送り返された。
大山津見神はそれを怒り、「石長比売を差し上げたのは天孫が岩のように永遠のものとなるように、木花之佐久夜毘売を差し上げたのは天孫が花のように繁栄するようにと誓約を立てたからである」ことを教え、石長比売を送り返したことで天孫の寿命が短くなるだろうと告げた。
『日本書紀』には、妊娠した木花開耶姫を磐長姫が呪ったとも記され、それが人の短命の起源であるとしている。

石長比売(磐長姫、上津姫)と関連する神社