櫛名田比売命(奇稲田姫)くしなだひめのみこと(くしいなだひめ)

櫛名田比売命(奇稲田姫)の詳細

ヤマタノオロチ退治の説話で登場。
大山津見神の子であるアシナヅチ・テナヅチの8人の娘の中で最後に残った娘。原文で「童女」と記述されるように、クシナダヒメ自身はまだ年端もいかぬ少女である。
ヤマタノオロチの生贄にされそうになっていたところを、スサノオにより姿を変えられて湯津爪櫛になる。スサノオはこの櫛を頭に挿してヤマタノオロチと戦い退治する。

櫛名田比売命(奇稲田姫)と関連する神社