大山祇神(大山津見神、大山積神、和多志大神、酒解神)おおやまつみのかみ(わたしのおおかみ、 さかとけのかみ)

大山祇神(大山津見神、大山積神、和多志大神、酒解神)の詳細

山の神,水の神,田の神としても信仰される。
『古事記』では、伊奘諾尊と伊奘冉尊の子など数説がある。磐長姫,木花開耶姫の父とされる。
『日本書紀』では、イザナギが軻遇突智を斬った際に生まれたとされ、天之狭霧神の娘の遠津待根神は、大国主神の8世孫の天日腹大科度美神との間に遠津山岬多良斯神を産んでいる。
オオヤマツミ自身についての記述はあまりなく、オオヤマツミの子と名乗る神が何度か登場する。 八俣遠呂智退治において、須佐之男命の妻となる櫛名田比売の父母、足名椎・手名椎はオオヤマツミの子と名乗っている。

大山祇神(大山津見神、大山積神、和多志大神、酒解神)と関連する神社