禍津日神(八十禍津日神、大禍津日神)まがつひのかみ

禍津日神(八十禍津日神、大禍津日神)の詳細

神産みで、黄泉から帰った伊邪那岐命が禊を行って黄泉の穢れを祓ったときに生まれた神で、災厄を司る神とされている。
神話では、禍津日神が生まれた後、その禍を直すために神直毘神、大直毘神の二柱と伊豆能売が生まれている。
なお、『日本書紀』同段第十の一書ではイザナギが大綾津日神を吹き出したとしている。これが穢れから生まれたとの記述はないが、大綾は大禍と同じ意味であり、大禍津日神と同一神格と考えられている。