天穂日命(天之菩卑能命)あめのほひ

天穂日命(天之菩卑能命)の詳細

天照大御神と須佐之男命が誓約をしたときに生まれた五男三女神の一柱。天照大御神の右のみずらに巻いた勾玉から成った。物実(ものざね:物事のタネとなるもの)の持ち主である天照大御神の第二子とされ、天忍穂耳命の弟神にあたる。葦原中国平定のために出雲の大国主神の元に遣わされたが、大国主神を説得するうちに心服して地上に住み着き、3年間高天原に戻らなかった。後に他の使者達が大国主神の子である事代主神や建御名方神を平定し、地上の支配に成功すると、大国主神に仕えるよう命令され、子の建比良鳥命は出雲国造及び土師氏らの祖神となったとされる。
また、出雲にイザナミを祭る神魂神社(島根県松江市)を建てたとも伝わる。

古事記では天之菩卑能命、日本書紀では天穂日命、他に天菩比神などと表記される。

天穂日命(天之菩卑能命)と関連する神社