神大市比売かむおおいちひめ

神大市比売の詳細

大山津見神の子で、櫛名田比売の次に須佐之男命の妻となり、大年神と宇迦之御魂神を産んだ。
2柱の御子神はどちらも農耕に関係のある神であり、神大市比売もまた農耕神・食料神として信仰される。
神名の「神」は神霊の発動の激しいことに畏敬して冠する接頭語、「大」は「偉大・立派」、「市」物々交換をするために人が集まるところを表し、名義を「神々しい、立派な市」と考えられる。 このため市場の守護神として信仰される。