玉依毘売命(玉依姫)たまよりびめのみこと

玉依毘売命(玉依姫)の詳細

神武天皇の母であり、天皇の祖母である豊玉毘売の妹。

名義は「神霊が依り憑く巫女」と考えられる。大物主神の妻である活玉依毘売や、『山城国風土記』逸文に見える玉依日売と同じく、この名前を持つ者は神と通婚する巫女的神性を持つとされる。
なお皇統が穀霊で続き、玉依毘売の御子も「五瀬命」(厳稲の命)、「稲氷命」(稲霊の命)、「御毛沼命」(御食主の命)、「若御毛沼命」(若御食主の命)であることから、特に穀霊を依り憑かせる巫女であったと考えられる。

玉依毘売命(玉依姫)と関連する神社