多岐都比売命(湍津姫、高津姫神)たぎつひめのみこと

多岐都比売命(湍津姫、高津姫神)の詳細

宗像三女神の一柱である。
アマテラスとスサノオの誓約の段で、アマテラスがスサノオの十束剣を口に含み、三つにかみ砕き吐き出した霧から宗像三女神を生み、スサノオの物実から生まれたのでスサノオの子であると宣言された。
この三女神は宗像の民が信仰している神であると記されている。化生した順番や、三つの内でどの宮に祀られるかは、『記紀』で異同がある。

多岐都比売命(湍津姫、高津姫神)と関連する神社