可美真手命(宇摩志麻遅命、味間見命)うましまでのみこと(うましまみのみこと)

可美真手命(宇摩志麻遅命、味間見命)の詳細

邇芸速日命が那賀須泥毘古の妹である登美夜須毘売を娶って生んだ子で、天香山命(尾張氏の祖)が異母兄であり、彦湯支命の父であると伝える。
始め那賀須泥毘古に従っていたが、神武天皇の東征に際して那賀須泥毘古を殺し天皇に帰服し、以後自らの部族である物部を率いて皇城守護の任に当たったという。
神武天皇即位の後、饒速日命の遺した10種の天璽瑞宝を献上し、それを使って天皇と皇后の魂を鎮める呪術を行ったとされ、これを後世の鎮魂祭の初めとしている。