仁徳天皇(大鷦鷯天皇、聖帝、大雀命)にんとくてんのう(おおさざきてんのう、ひじりのみかど、おおささぎのみこと)

仁徳天皇(大鷦鷯天皇、聖帝、大雀命)の詳細

日本の第16代天皇。『日本書紀』での名は大鷦鷯天皇。
記紀に記される業績から、聖帝(ひじりのみかど)とも称される。

4世紀末から5世紀前半に実在したと見られる天皇。譽田天皇(応神天皇)の第4皇子。母は五百城入彦皇子の孫・仲姫命。譽田天皇の崩御後、最も有力と目されていた皇太子の菟道稚郎子と互いに皇位を譲り合ったが、太子の薨御により即位したという。
皇位を譲るための自殺と伝えられる。この間の3年は空位である。

仁徳天皇(大鷦鷯天皇、聖帝、大雀命)と関連する神社