熊野久須毘命(熊野櫲樟日命)くまのくすびのみこと

熊野久須毘命(熊野櫲樟日命)の詳細

日本神話に登場する神である。 誓約の段において、『古事記』『日本書紀』において須佐之男命が天照大御神の持ち物である八尺勾玉を譲り受けて化生させた五柱(『日本書紀』第三の一書では六柱)の神の一柱で、天照大御神の物実から生まれたので天照大御神の子であると宣言された。
神名の「クスビ(クスヒ)」は「奇し霊」(神秘的な神霊)もしくは「奇し火」の意と考えられる。

熊野久須毘命(熊野櫲樟日命)と関連する神社