多紀理毘売命(田心姫、田霧姫、奥津島比売命)たきりひめのみこと(たごりひめ、たきりひめ、おきつしまひめのみこと)

多紀理毘売命(田心姫、田霧姫、奥津島比売命)の詳細

タキリビメは、日本神話に登場する女神。宗像大社では「田心姫神」として、沖ノ島にある沖津宮に祀られている。
天照大御神と須佐之男命の誓約により誕生した「宗像三女神」の一柱で、大国主神との間に阿遅鉏高日子根神と下照比売を生んだと記されている。
神名の「多」は接頭語、「紀理」は「霧」、「毘売」は「姫」と解し、名義は「霧の女性」と考えられる。また、別名の奥津島比売命は「奥の島の女性」。

多紀理毘売命(田心姫、田霧姫、奥津島比売命)と関連する神社