大物主神(御諸山上坐神、三輪明神、倭大物主櫛甕魂命)おおものぬしのかみ(みもろのやまのうえにますかみ、おおみわみょうじん、やまとのおおものぬしくしみかたまのみこと)

大物主神(御諸山上坐神、三輪明神、倭大物主櫛甕魂命)の詳細

『古事記』では御諸山上坐神、美和之大物主神、『播磨国風土記』では八戸挂須御諸命、大物主葦原志許とも表記。
『日本書紀』では大己貴神の和魂であるとする。別名は三輪明神、倭大物主櫛甕魂命。

『古事記』では神武天皇の岳父、綏靖天皇の外祖父にあたる。また、三輪氏の祖神でもある。『日本書紀』では三穂津姫を妻としているが、その事績は事代主神のものとなっている。ただし、妻や子孫、神武天皇前代という世代数が事代主神と一致することから、実際は事代主神の別名が大物主神であったと考えられる。

大物主神(御諸山上坐神、三輪明神、倭大物主櫛甕魂命)と関連する神社