国狭槌尊(国狭立尊)くにさつちのみこと(くにのさたちのみこと)

国狭槌尊(国狭立尊)の詳細

天地開闢の段に登場する神。神代七代のうちの一柱である。
大山津見神の子に天之狭土神・国之狭土神がいるが、国狭槌尊と同一神とは限らない。

天地開闢の後国常立尊、国狭槌尊が登場し、次に豊斟渟尊化生したとしており、これらの三柱の神は男神であると記している。
第一、第二と第四の一書では、国常立尊の次に国狭槌尊が登場し、他の一書には同一神とみられる神名は登場しない。

国狭槌尊(国狭立尊)と関連する神社