猿田彦命(佐田彦神)さるたひこのみこと

猿田彦命(佐田彦神)の詳細

邇邇芸命が天降りしようとしたとき、天の八衢に立って高天原から葦原中国までを照らす神がいた。『日本書紀』では、その神の鼻の長さは七咫、背の長さは七尺、目が八咫鏡のように、また赤酸醤のように照り輝いているという姿であった。そこで天照大御神と高木神は天宇受売命に、その神の元へ行って誰であるか尋ねるよう命じた。その神が国津神の猿田毘古神で、邇邇芸命らの先導をしようと迎えに来た。

猿田彦命(佐田彦神)と関連する神社