高比売命(高姫、下照姫、稚国玉命)たかひめのみこと(たかひめ、したてるひめ、わかくにたま)

高比売命(高姫、下照姫、稚国玉命)の詳細

葦原中国平定のために高天原から遣わされた天若日子と結婚した。天若日子が高天原からの返し矢に当たって死んだとき、下照比売の泣く声が天まで届き、その声を聞いたアメノワカヒコの父の天津国玉神は葦原中国に降りてアメノワカヒコの喪屋を建て殯を行った。それに阿遅鉏高日子根神が訪れたが、その姿がアメノワカヒコにそっくりであったため、天津国玉神らはアメノワカヒコが生き返ったと喜んだ。アヂスキタカヒコネは穢わしい死人と間違えるなと怒り、喪屋を大量で斬り倒し、蹴り飛ばして去って行った。シタテルヒメは、アヂスキタカヒコネの名を明かす歌を詠んだ。