国常立尊(国之常立神、国底立尊)くにのとこたちのみこと(くにのそこたちのみこと)

国常立尊(国之常立神、国底立尊)の詳細

『古事記』において神世七代の最初の神とされ、別天津神の最後の天之常立神の次に現れた神で、独神であり、姿を現さなかったと記される。
『日本書紀』では天地開闢の際に出現した最初の神としており、「純男(陽気のみを受けて生まれた神で、全く陰気を受けない純粋な男性)」の神であると記している。
他の一書においても、最初か2番目に現れた神となっている。

国常立尊(国之常立神、国底立尊)と関連する神社